calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

高知県森と緑の会 公式フェイスブックページ

人気ブログランキング

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.01.09 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    今年も一年ありがとうございました

    0
      今年もあっという間に仕事納めの日を迎えてしまいました。

      思えば、色んなイベントや出会いがあった一年でしたが、中でも印象深いことが2点あります。

      ひとつは、初めての取り組みとして「緑の募金バッジ」を作って、
      これまでに1000個以上がみなさんの手元に渡ったこと。

      下降気味の緑の募金実績にテコ入れするために企画しましたが、
      下手な物を作って、不人気で赤字を出しては逆効果だと、はじめは200個くらいから作って、
      9月からの3カ月半の間にあれよあれよと1000個を超える追加注文となり、
      恐る恐るであまり宣伝も出来てないにしては、まずまずの結果だったかなと思ってます。

      高知県産の間伐材を使って、「高知家」ロゴも入れさせていただいたのが功を奏したようです。
      ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
      次は春の強化期間(3月~5月)に向けて新バージョンを計画中ですので、お楽しみに!!
      もうひとつ印象に残っているのは、11月に開催した宿毛へのツアー。
      定員を下回る参加者数でしたが、メインのガイドを務めていただいた宿毛市の林業家、篠原さんには
      告知チラシの表紙を飾っていただいただけでなく、
      ツアー当日の2日間も最高のおもてなしをしてくださり、参加者の皆さんの

      「宿毛が好きになった!」
      「今度は夏に家族で来たい!」
      「みっちゃん(篠原さん)最高!!」

      という感想を聞けたのが、主催者としてとても嬉しく思いました。
      思えば篠原さんには、昨年度の森の名手・名人に推薦し、選ばれたのがきっかけで出会いましたが、
      鋭い眼光の中にもやさしさ溢れる表情や、ユーモアのある語り口、大きな手などなど、
      「このおんちゃん、オモシロイ!」
      と直感し、出会ってすぐにツアーの企画について話を持ちかけたのが始まりでした。

      こういった直感がこうして多くの参加者の方の新たな出会いや高知の魅力の発見につながって、
      ツアーの帰り道やその後数日は大きな達成感と満足感を味わえました。
      宿毛 山里の家にて
      ※画像は篠原さんと、かわ○○先輩。

      宿毛市森林組合やすくも湾漁協、宿毛市役所の方々の厚いご協力も得られ、
      本当に良くしていただけたので、ツアーを一番楽しんでたのは自分だった様な気もしますが・・・。

      もちろんこれ以外にも多くの方にご協力いただき、高知県森と緑の会は活動しています。
      この場を借りて、改めて感謝をお伝えします。この一年、本当にありがとうございました。


      さて、
      来年はどんな一年にしようか、まだはっきりと見えてない部分もありますが、
      たくさんの方に、もっともっと高知の森や山を身近に感じてもらって、
      気軽に遊びに行ったり、たまには活動に参加していただけるように動いていきたいと思います。

      まぁ、ブログの更新はもうちょっと頻繁にしないといけないですね。

      来年もよろしくお願いいたします。



       
      フェイスブックページもご覧ください。
      高知県森と緑の会 公式フェイスブックページ 小
      高知県人気ブログランキングに参加してます。
      あらためまして、応援クリックお願いします♪
      人気ブログランキングへ

      人気ブログランキングへ

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.01.09 Friday
        • -
        • 16:22
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック