calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

高知県森と緑の会 公式フェイスブックページ

人気ブログランキング

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.01.09 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2番目の大杉と乳イチョウ

    0
      さきほど、無事に理事会が終わりました。
      ご出席いただいた理事・監事の皆さま、どうもありがとうございました。
      今日も初めてお会いする方が2名おられたので、ごあいさつ出来て良かったです♪
      今後ともよろしくお願いします!!

      月末には総会を控え、ただでさえ慌ただしい5月でありますが、さらに忙しくすることがありまして(汗)
      というのも、県内6地域の林業関係の団体の担当者会に出席して、森と緑の会や緑の募金についてのPRをしてまわるんです。
      で、昨日は嶺北と須崎をハシゴしてきました!!
      事務局長と一緒に行った嶺北で、予定より早く着きそうだったのでちょっと寄り道して、本山町の大杉と乳イチョウを見てきました。

      県内2番目の大杉だと聞いていたので、結構な山奥かなと思いきや、国道から5分くらいで到着。

      初めて見た『乳イチョウ』
      本山町の乳イチョウ
      幹や枝の途中から、モコッと垂れるように「気根」が出てます。
      イチョウの大木は学校の校庭にあったり、田舎の道の側なんかでよく見かけるんですが、この乳イチョウってのに直接お目にかかるのは初めてでした。
      気根を出すのは大木になったものの中でも稀だそうですが、これを「乳」にたとえて縁起物とされてるみたいです。
      気根っていうとガジュマルとかアコウを思い出しますが、イチョウのは随分それとは違う形でビックリでした。

      で、そのとなりには県内2番目の大杉が鎮座してます。
      本山町の大杉01
      裏から見たトコ。
      お地蔵さんの後姿が良い味だしてますが、写真では杉のスケール感がまったくワカラン!

      ということで、事務局長に協力していただいて。
      本山町の大杉02
      これで分かる!?
      県内2番目ということですが、これでも迫力十分!!(現地で見たら、やけど)
      なんせ樹齢1200年だそうですから。

      1番目には言わずと知れた大豊の大杉(樹齢3000年!!)があるんですが、子どもの頃以来見に行ってないので、今度は自分の子ども連れていってみます。
      このブログ、こんなことばっかり言いゆうき子ども連れていくトコが増えて増えてしょうがない(笑)
      この仕事を続ける限り絶えないなやみでしょう♪

      というわけで、5分くらい見て嶺北担当者会の会場へ向かい、午後は事務局長が安芸へ、僕は須崎へと分かれて車を走らせました。

      と、このあとがかなり慌ただしかったんですが、割愛させていただいて、今日はこんな所で。


      高知県人気ブログランキングに参加してます。
      じわりと順位を上げております。
      引き続き、応援クリックお願いします♪
      人気ブログランキングへ

      人気ブログランキングへ

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.01.09 Friday
        • -
        • 16:15
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        嶺北から須崎へ!? すごい移動距離や〜!! 乳イチョウは須崎のかと思いました!! マルキョーの近くにあるお寺の火事を消したと言い伝わってる乳イチョウかと!! 大木ってすごいですよね〜 それだけでパワースポット!!
        ままかなさん
        そういえば、本山の乳イチョウのある神社の建物にも、前半分に屋根裏が真っ黒く焼けた跡があった!もしかして乳イチョウのおかげで全焼をまぬがれたとか?
        今度嶺北に行ったときにでも、地元の方に訊ねてみます。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック